アドセンスで稼げない原因と5つの対策

Xドメインで取得したドメインをエックスサーバーに紐付けてWordPressを設置する方法

今回はXドメインのドメインをエックスサーバーに紐付ける方法を解説していきます。

まずエックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

Xドメインで取得したドメインをエックスサーバーに紐つける

そして、ログインできたら、
ドメイン設定をクリックします!

ドメイン設定でドメインを入力する画面に行きます。

ココではXドメインで取得したドメイン名を入力します。

Xドメインでのドメイン取得方法がわからない場合はコチラから↓

Xドメインで独自ドメイン取得する方法

そして、
Xドメインで取得したドメインを入力して、「確認画面へ進む」をクリックすると以下の画面になります。

合っていたら「追加する」をクリック!

これでドメインがXserverと紐付けられました。

上の画像では「無料独自SSLの設定に失敗しました」となっていますね。

コレはSSL化しておいたほうが良いです。

なので、画像で青色の「SSL設定」をクリックして設定をするべきです。

ちなみにSSL化っていうのはサイトの通信の際のセキュリティー強化のためにすることです。これは読者さんのためにしておくべきことです。

今回は省略します。

(サイトを作ってからもSSL化はできます。)

それでは最後にXドメインで取得したドメインにWordPressをインストールしてみましょう。

WordPressをインストール

サーバーパネルの画面になったら、

左下の「設定対象ドメイン」で先程取得したドメインを選択しましょう。

その後、

WordPress簡単インストールをクリックします。

これはXserverの更新に伴って変わっている可能性があります。

ですが、WordPressのインストールと示せれているところがあるはずです。

そこをクリックしましょう!

すると、以下のような画面に移ります。

サイトURLは手に入れたドメインをそのまま入れればOKです。

  • ブログ名
  • ユーザー名
  • パスワード
  • メールアドレス

を入力します。忘れないように管理しておきましょう。

あと、キャッシュの自動削除はONでOKです。

データべースのところも「自動でデータベースを生成する」というところにチェック入れておきましょう。

すると以下のような画面になると思います。

これでWordPressがインストールされました。

管理画面URLというところはブックマークしておきましょう。

ちなみにインストールして、すぐに反映されない場合もあります。(その場合は以下のような画面になります。)

時間が経てば本来のWordPress画面になります。

こんな感じの画面になればOKです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です