アドセンスで稼げない原因と5つの対策

【鬼重要】インターネットの保存→共有|レバレッジがあるから儲かるしモテる

こんにちは、たいとです。

今や当たり前のインターネット(IT)ですが、
やはり情報技術がもたらした
世界営の影響は計り知れないものがあります。

そして、
僕がネットビジネスを勧めている理由はITにあります。

というわけで
語っていきます。

動画にもしました。

インターネットによる
「保存と共有」という概念

ITの保存

実は僕の母は数年前まで
エンジニアでした。

(今は正反対の職業です)

なので、
結構パソコン系には詳しくて、
僕よりも詳しいです。

サーバーとか
ドメインについて教えて?と聞くと、
話が止まらなくなるような人間です。

そんで、
かなり昔の話ですが、

僕の母親はネット上に
たいとの育児日記用のサイト
を作っていました。

どのくらい前かというと、
今から約20年前です。

そして、

その約20年後の
ある日から僕は
ネットビジネスを始めたわけです。

そんな
ある日の夜

母に
「サイトを作っているんだよね」
と言ったことがあります。

そしたら、
母親から
「そういえば、私も太都の育児日記作ったな〜」
と言っていたので、
そのサイトを探してもらいました。

そしたら、
20年前のサイトですが、
探したらありました。笑笑

自分の赤ちゃんの頃の写真がネット上にあって、

マジで気持ち悪くなり
吐き気が出ました。

オェェェーー!!!!笑

でもですよ、
これってすごくないですか?

これがITの保存という概念の一つです。

20年前のサイトが今でも見れる。

存在自体も
うっすら覚えていた程度でした。

もし紙とかで
そのサイトのページを保存していたら、

絶対に持っておくのが無駄
(つまり保存コストがかかる)と判断して、
捨てていますね。

ですが、今でも普通に見れるわけです。

ITの共有

Twitter
YouTube
Facebook
などのSNSなどが、

世界中の情報をスマホ上で
簡単に共有するようになりましたよね。

他にもブログとかもそうですが、

完全にインターネットが普及したおかげで、
個人の影響力が大きくなりましたね。

これはもう説明不要だと思います。

そんで、

この個人の発信力が高まったおかげで、
個人でもめちゃくちゃ稼ぎやすくなりました。

ヒカキンさんとか
めちゃくちゃ稼いでいますよね。

まさにそれです。

というわけで、
ビジネスについて話していきます。

じゃあ保存と共有が
ビジネスにどう影響するねん。

ビジネスっていうのは
商品やサービスなどを販売して、
その代わりにお金をもらうというものです。

つまり、
お客さんが価値を感じるもの提供して
その代わりにお金をもらうということ。

そして、

インターネットを使えば、
保存という機能から
コンテンツがたくさん残り、

共有という機能から
コンテンツが広まります。

そしたら、
商品だって
腐りませんし、
そりゃあ稼げるわけですよ。

例えば、
ヒカキンさんの動画が
もし共有されなくて
1回しか再生されなかったら稼げませんよね。

もし、
ヒカキンさんが投稿した動画が10時間後に必ず削除される

という設定だったら、
まぁ稼ぎにくいですよね。

というか、
資産にはなりませんよね。

なので、
保存されて共有できる

というのはコンテンツが
長い間広まるというものすごいメリットが有るのです。

アホみたいに儲かるのは
レバレッジがかかりまくっているもの

ネットビジネスがなぜ儲かるのかと言うと、
レバレッジがフルでかかっているから。

これに限ります。

間違いないです。

だって、
1つ作ったコンテンツが、
ほとんど一生残るわけですよ。

まぁ
10年後とか予想不可能ですから
一生残るかはわからないんですが、

構造的には残るわけです。

てなった時に、
自分のファンができるコンテンツが
大量に保存されていて、

なおかつそれが共有されていたら
人生楽しくなりますよね。笑

あとファンがいれば、
普通に儲かりますからね。

apple信者
つまりappleのファンは
アップルの商品が好きなんですから、
買うわけです。

ということはアップル儲かりますよね。

てか、

ネットビジネスってやっぱりヤバイですよ。

フルでレバレッジがかかるので、
どうしてもレバレッジがかかりにくい業界に比べて
比較的簡単に稼げてしまいます。

(まぁだからこそダラけたり、詐欺したりして消える人がいる理由もここにあります。笑)

あと、
東進ハイスクールとかも
ネットのレバレッジ使いまくっていますよね。

これまでは講師が毎回授業がしなくては
ならなかったものを動画にして、
何人からも学べるようになりました。

スタディーサプリも同じですね。

さらにスタディーサプリを作った
リクルートはネットを使ってサービス作りまくっています。

  • ホットペッパー
  • ホットペッパービューティー
  • カーセンサー
  • リクナビ
  • リクナビネクスト
  • リクルートエージェント
  • タウンワーク
  • スーモ
  • じゃらん
  • ゼクシィ
  • ゼクシィ縁結び

レバレッジがかかっているので
低費用でできています。

ゆえに
低価格でサービスを受けることができます。

スタディーサプリの利用者数に関して言えば、
予備校業界トップですからね。

(まぁ比べるものではないのかもだけど…。)

あとネットビジネス的にいえば、
有料ノートとかの情報商材をネット上で売ることも可能ですからね。

他にも、
オフラインのビジネスで、
これまで営業マンがやっていた集客をネットですれば、
いろんな意味で楽になりますね。

そりゃあ、
インターネットを使わないと滅ぼますわな。

儲かる儲からない関係なく
「保存→共有」で気の合う友達できるよね

あと、

保存されて共有される
コンテンツでファンができれば、
簡単に友達ができるようになりますよね。

例えば、
僕のメルマガを読んでいる人は僕のファンの可能性が高いわけです。

もちろん
ファンにも度合いが合って、

  1. もう一回会いたいと思うファン
  2. 一度会ってみたいと思うファン
  3. ちょっとためになると思っているファン
  4. チョット見てみたいファン
  5. なんか気になるファン

など、色々いますよね。

そしたら、僕は一度あってみたいファンの方と仲良くなればよいわけですよ。

まぁあと単純にTwitterをやりまくるだけでも、
認知されるようになるので人との出会いが広がりますね!

「人よりもツールや仕組みに頼るべき」

最後に少し話が逸れますが、

ITのツールを活用することは、
ネットビジネスの保存からの共有というレバレッジのほかに、
ものすごく重要です。

というかITに限らずにツールを使うことは大事です。

例えば、
これまで大学受験では
センター試験がありましたよね。

マークシート形式の試験で
採点を機械がやってくれる。

毎年50万人以上が行う
国内最大級のビックイベントだった
センター試験です。

これが、
今後は記述式の試験になります。

大学入学共通テストです。

このテストは導入の検討の段階から、

「採点ミスがあるんじゃないか?」だったり、
「採点者が多いことから解凍の漏洩があるのではないか?」とか、
他にもいろんな問題点がありました。

で、こういうのも結局のところ、
人を信用してしまっているパターンです。

生前説信者が
「人は思い通りに動く」
と思っているわけです。

はっきり言いますが、
僕も含め人間というのは、
理想的な行動をとりません。

大抵の場合は
楽な方へ流れていきます。

採点者の方が
答案の採点をミスったり、
悪いやつが答えを盗んだり、
色々できてしまいますよね。

 

だからツールを活用するわけです。

ちなみにネットビジネスでは

サイトとかYouTubeとかもツールに当たりますね。

さらにYouTubeなんて利用が完全に無料ですからね。笑

 

基本的に
サーバーとドメインが問題ない限り
サイトが明日から表示されなくなるということはありません。

YouTubeもアカウント削除とかされない限りは大丈夫です。

ずっとお客さんを集めてくれて、
お客さんにコンテンツを体験してもらえます。

ですが、
人を雇ってその人に、

「毎日営業してこい!」とか、
「電話訪問しろ!」って言っても、
サボる人は出てくると思うし、
何より効率も悪いです。

さらに、
人間は風邪ひいたり、
感情で行動できなかったりします。

その点ツールに関しては、
最強です。

文句言わずに
ずっと言われた通りに動いてくれます。

もちろん、
ツールにはできないことは
人にやってもらうしか無いです。

ですが、
人に頼ることが大事だ!

とかは確実に間違っているのでご注意を。

というわけで以上です。

ネットで稼ぐためにも、
「保存と共有」という性質がある
ということを前提にして
仕組みを作っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です