アドセンスで稼げない原因と5つの対策

コメダ珈琲店はただの喫茶店ではなかった。550円のコーヒーを気付いたら週6回飲んでしまっていた話。

こんにちは、たいとです。

高校生ぐらいの頃までは、
文章とかは全く書いていなかったですが、

ブログとかメルマガを始めてから、
文章を執筆する時間が増えました。

そして、
その影響で1人で
こもって作業することが
めちゃくちゃ増えたんですよね。

まぁ、
これはこれで良いのですが、
いくつかデメリットがあります。

その一つが
家の中だとなかなか長時間集中できない
というもの。

もちろん、
やるときはやるんですが、

やらないときは
まぁひどい。

1人でいると、
スマホいじったり、
ダラダラしかねない。

そこで、

そうなることを防ぐために
僕はカフェで1人でこもって
作業することが結構あります。

そして、
僕がよくいくカフェというのが、
今回にネタにさせていただく、
「珈琲所コメダ珈琲店」でございます。

もう、かれこれ30回以上は言っている気がします…。

ちなみに、
僕はコメダ珈琲に行くまでは、

喫茶店なんて
1人で行くような人間では
ありませんした。

今でも週2.3回は行きますし、
夏休みは週6回ぐらい行っていたかも。笑

さぁ今回はコメダについて語っていきますよ!

なんと言っても、コメダ珈琲店の
あの落ち着いた感じがメッチャ良い。

コメダ珈琲店は
席ごとに仕切りを作っているので、
空間が区切られています。

スタバとかだと、
オープンな感じなので、

他人との距離が近くなることも
ありますよね。

ですが、
コメダだと他人との空間が
区切られているので、

そういう意味では
自分の空間を確保できて良いです。

 

昼とかだと
確かにうるさい時もありますが
区切れらているので気になりません。

朝と夜は本当に静かです。

なので、
作業するときに
めちゃくちゃ集中できます。

たまに
イチャついている
美男美女カップルがいるので、
彼氏or彼女がいない人は要注意です。笑

そして、
値段ですが、
コーヒー1杯で500円ぐらいします。

普通のコーヒーは
300円ぐらいでも飲めるのですが、

僕は大きめのコーヒーが良いので、
500円にしています。

コーヒー1杯に500円!
と聞くと、
高い感じがしますよね。

ですが、高いからこそ良いのです。

珈琲の値段が高くても
たいとがコメダ珈琲店に行く理由とは?

スタバに比べれば
コーヒー1杯で500円は
安いのかもしれませんが、

まぁ
普通に考えれば
良い値段してますよね。

ですが、
僕はこの値段でも
コメダのリピーターになっています。

その理由を書いていきます。

理由① 金を払うと「やらないと!」って気持ちになります。

もちろん、
図書館や自宅で
集中して作業できるときは、

金もかからないのでそこでやります。

ですが、
お金をかけている
ということから
「その分頑張らないと!」と思えてしまいます。

理想的なのは、
金なんて払わずに
集中できることですが、

やっぱり
人間はダレてしまいます。

僕は自分のことを信用していないので、

「どうせ、お前サボるんだろ…。だったら、カフェにでも行ってろや。」

と、
自分に言い聞かせて、
お金払って行っています。

理由② 宣言&罰金をやっているから

これは完全に個人的な理由ですが、

僕は日々の作業をサボらないようにするために

ほぼ毎日、

友人など誰かしらに
タスクの宣言しています。

そして、
タスクが終わらなかったら
罰金として1万円払うとか、
夕飯奢るというのをやったりしています。

たとえばこんな感じ

========

12月31日のタスク

・〇〇という本を読み切る
・ブログ記事を1記事書く
・動画を1本撮影する
・学校の宿題を終わらせる

これが12月31日の24時までに終わらなかったら、
罰金として1万円払います。

========

こういうのやっているんですよね。

そして、
こういうことをやっていると、

「あれ?たとえカフェ代がかかっても、やらないより、やったほうが金かからなくね?」

と、自分を洗脳できるのでオススメ。

まぁ、

サボってしまって
1万円払うぐらいだったら、

500円払って、
サボらずに
タスクを完了させたほうが
良いですよね。

(↑読者のあなたを洗脳中でございます。)

そういうわけで、

ダラケそうになったら
僕は迷わずコメダに直行します。

ちなみに

先日、
家でダラケて
サボってしまい

タスクが完了せず、
友人に焼き肉をご馳走しました。

うわぁ〜〜、アホだ俺。
クッソ!!何やってんだ俺…。

サボって罰金払うぐらいだったら、
金使ってでも、
作業しろよ。

僕は自分にそう言い聞かしています。

理由③ 他の喫茶店に比べて長居しやすいから、時間的には実はお得

そうなんです。

実は長居する人にとっては
お得なんですよね。

というのも、

コメダ珈琲は店内が

昭和レトロ感から
生み出される落ち着いた雰囲気

なので、
結構お客さんの平均滞在時間が長いです。

コメダの平均滞在時間は
ドトールの2倍で1時間ぐらいだそうです。

まぁ、僕は3時間ぐらいいるんですけどね。

 

「コーヒーを飲むために行く」というのも、
確かにあるとは思いますが、

僕の場合は、
集中できる作業場所としての
利用目的が大きいです。

それと、
長居しやすい理由としては
店内の雰囲気以外にも

「商品の量が多い」

というのも理由に含まれます。

僕がよく頼むコーヒーは
400mlぐらいあります。

結構ありますよね。

なので、

ゆっくり飲んでいると
3時間ぐらい時間が潰せてしまいます。

更に、

コーヒーを注文すると
豆菓子がもらえるので、

↑こんなやつ

その豆菓子を
口の中に1粒1粒
コロコロ味わって食べていると

結構時間がかかります。

なので、

カフェでアルアルの

ゆっくり食べても、
この量だと、
5分もあれば飲みきれちゃうよ…。

というようなサイズ感ではないのです。

 

更に、

コメダ珈琲店は、
お客さんに長居してもらっても
儲かる構造にしています。

なので、
ゆっくり好きなだけ
時間を潰しましょう。

なぜ長居されても儲かるのか?

コメダ珈琲は長居されても
儲かる理由は

営業時間単価リピーターが関係しています。

これだけで、
もう分かる人はわかると思いますが、
一つ一つ解説していきます。

長居されても儲かる理由① 営業時間

まずコメダ珈琲は
基本的な営業時間が
「7時から23時」なので、
割と長いです。

まぁ、
スタバもドトールも場所によっては
このぐらいの時間ですが…。

それでも朝から夜までやっていることで、
お客さんを広く集めることができます。

朝はご年配の方、

昼は主婦さん、

夕方は主婦とか学生とか

夜はビジネスマン

という感じで、
幅広い需要に応えることができます。

このことから、
1人のお客さんが1時間以上ゆったりしても 、

多くのお客さんをカバーすることが可能です。

長居されても儲かる理由② 単価

スタバとかに比べると、
安いのかもしれませんが、

それでもコーヒー1杯で500円、

サイドメニューのカツサンド1つで800円などなど、

1つ1つの商品の単価が安くない。

でも、ボリューム感やクオリティーから考えると高くもない。

僕はこの価格が
絶妙で上手な設定だな〜って
思っています。

そして、
このおかげで獲得できるのがリピータです。

長居されても儲かる理由③ リピータとブランド

リピーターとは、
繰り返し来るお客さんのことですが。

コメダは持ち前の店内の雰囲気や
価格設定のおかげで、
濃いファンができる構造になっています。

実際、
僕みたいにコメダ珈琲店に
毎週数回行っているような人間は濃いファンです。

更に、
ブログ記事を書いて
集客なども代行しているというね。

コメダさん、アフィリ報酬くださ〜〜い。(すみません、調子乗りました。冗談です。笑)

 

さらに、

長居して、
ゆったりできるカフェというのが
コメダ珈琲の売りでもあるので、

その影響でファンができたりもしています。

コーヒーを頼むと、
店員さんが持ってきてくれるのですが、

そのたびに
「ゆっくりしていってくださいね〜〜」と、
言ってくれるので、

僕みたいな
「迷惑じゃないかな〜」っと、
無駄にビビってしまう人間は
安心してゆっくりできる。

 

 

あと、
ビジネス戦略上、

「お客さんの時間を奪ってあげる」

というのはめちゃんこ大事です。

あと、
先程、「席が区切られているからスタバよりも落ち着ける」と言いましたが、僕はスタバよりもコメダのほうが好きなんですよね。

そういう感じで、コメダはアンチスタバのお客さんを集めたりもしています。

コメダ=ゆったり出来るお店というような共通認識がブランド力の向上につながって、
どんどん全国的に広まっています。

話逸れるけど、
たいとのおすすめメニュー

たっぷりアイスコーヒー

これがタイトルに入っている「550円のコーヒー」です。

僕はコレを頼んで、3時間ぐらいいれます。

無糖と加糖を選べるんですが、僕は長居したいときは無糖にして、甘いのを飲みたいときは加糖にしています。

基本的に僕は苦いコーヒーをごくごく飲むことはできないので、長居したい時は苦い無糖に限ります。

さらにたっぷりアイスコーヒーは量が多いので、長時間作業するときにはおすすめですね。

小豆小町 葵

あったかいミルクコーヒーの中に甘い小豆が入っていて上手いんです。

たっぷりアイスコーヒーに比べると量は少ないですが、温かいのが飲みたいときはコレにしています。

冬はこれで決まり。

シロノワール

シロ(白)フランス語で黒という意味を持つノワール(黒)が合体したのが、シロノワールです。

ネイミングセンス良いですよね。商品名はすごく大事なので、さすがですよね。さすが看板メニュー。

味は食べた人ならわかりますが、上手いに決まっているようなデニッシュパンケーキです。

熱いデニッシュに甘くて冷たいソフトクリームにメープルシロップ。

コレは人間の舌と脳が悲鳴を上げるほど上手いと感じるもので構成されております。

サイズ詐欺と話題の「カツサンド」

コレはガッツリ食べたい時に頼みます。

初めて頼む時に、

「え~カツサンドで880円かよ!高くね???」って思っていました。

というのもメニューを見ると、まぁ普通のカツサンドという感じで、片手でモテるサイズ感かな~って思っていんですね。

コレが実際のメニュー表なんですが、コレを見たら、普通のカツサンドだと思いますよね?

ですが、めちゃくちゃでかいです。笑

 

いやいや、コメダさん。

良い意味で騙してきましたね。

さらに、普通に上手い。

超うまいというわけではないですが、
普通に上手い。

コレが良いです。

こちらのサイトからカツサンドのサイズについて語られています。

サイズ詐欺でしられるコメダ珈琲で、カツパンを改めてみると「テロ」「初見殺し」だった

テロ、初見殺しって…。良い表現だな。笑笑

ビジネスが長続きしていくために最も大事なこと

コメダ珈琲のおすすめメニューを紹介するということをして話が逸れましたね。

そうそう、
ビジネスが長続きしていくために最も大事なことは何だと思いますか?

それは先程にも述べましたが、

リピーターを獲得できるかどうか

です。

これはやべぇ~ほど重要です。

なので、コメダ珈琲店さんは流石ですね。

僕もコメダさんのリピーター獲得戦略を真似させていただきます。

まとめ:ブログとかやっているならコメダに一度は行ってみてね!

というわけで、
レビュー記事書きましたが、改めてコメダに行くと、めちゃくちゃ勉強になる店でした。

やっぱり
ビジネスをやっていると、色んな所から情報収集できるようになりますね。

やっていてよかった。

今後もどんどん勉強していきます。

あと、
コメダの良さもやっぱり一度行かないと良さはわかりませんね。

というわけで、
まだ行ったことない人はぜひ行ってみてくださ~い。

ちなみに、
今回のブログ記事はこの本を参考にして書きました。

この「なぜコメダ珈琲店はいつも行列なのか?」っていう本がコメダ珈琲店の雑誌コーナーに置いてありました。

すごい自信ですよね。

内容はビジネス戦略のことについて色々書いてありました。

あと、座席の幅についてとか、シロノワールが64層の理由とか、他にも色々書いてありました。

成功している飲食店ではこういうのドンドン置いてほしいですよ。読みたい。

まさか!!!

コメダさんがこの本を店内においている理由は、より濃いファンを作るためなのでは!!!????

その辺りも考えると、話が止まらなくなるので、この辺で。

 

今度はライバル店の
スタバのレビュー記事も書こうかな。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です