アドセンスで稼げない原因と5つの対策

君、高校4年生になってないか?

君、それで大学生か?高校4年生じゃないか?

未来の僕

過去のたいと

え?んだよそれ!馬鹿にしてんのかコラ?あぁ??
なるほど
(図星ね…。)

未来の僕

これは昔、
大学生1年生になった直後の僕に言いたいセリフです。

大学生と高校生の違いって、
「自主性」「主体性」であると思っています。

というか、
そう思っていました。

ですが、

世の中
大学生でも、
というか大学を卒業したような人でも、
主体的でない人はいることを知りました。

モチベ下がって、
勉強できなかったり、
作業できなかったり、
他人に依存したりですね。

こういう人は成功とか絶対ムリです。

いつまで周りの顔色を伺っているんだ!!

これは高校2年生のときの僕に言いたい。

当時、付き合っていた彼女がいたのですが、
その彼女には速攻で振られた。

その理由は聞いていないが、
おそらくコレだろう。

彼女の顔色伺いすぎ…。

いつも、「どこ行きたい?」「何がしたい?」を聞きまくっていた。

自分のしたいことなんて考えてすらいなかったからだ。

その結果、
「コイツ自信ないな…。」と思われ無事死亡(無事じゃない…。笑)

まぁ、主体的じゃない人間が魅力的なわけないんですけどね。笑

んで、そうなんでが、本題に戻りますね。笑

本題の大学は高校に比べて、比較的自由なところです。

自由ということは、
自己管理ができなくてはいけない。

だが、

大学生でも、
「コイツ高校生かな?」
というような人は多い。

いつまでの他人に助けてもらおうとしていたり、他人からの評価を気にしたりする人。

そう思ってしまうのは、
「日本の学校教育に問題がある」とも言えなくはない。

だが、
そんなことを言っていてはキリがない。

そして、

このように
「自分のしたいこと」
「自分がやるべきこと」をわかっていなくて、なおかつ打ち込めていない大学生のことを、
僕は高校4年生や高校5年生というように呼んでいる。

あなたのことを助ける人なんて誰もいない

「流石に大げさじゃね?」と思うかも知れません。

ですが、
「誰か助けてくれるだろう」という、
マインドで生活していても良いことありません。

成長できません。

何より楽しくありません。

そんな簡単に、
他人は助けてくれないです。

というか、
そもそも自分のことなんて、
興味ないし見てすらいないです。

大学生になるにはどうする?

やることを決めて、寝食を忘れるほどそれを必死にやり込むこと。

コレですね。

僕も大学1年生でブログとかアフィリエイトとかやりましたけど、
記事書きまくったり、広告主にはメールしまくりましたからね。笑

んで、
クリック型の広告モデルで収益を上げているサイトを保有していたので、
Googleアドセンスよりも広告単価が良い広告主はいないかなー、と、探したりしましたよ。

さらに最近は、
サイト売却のために、
購入希希望の会社の方と電話とかメールとか毎日しています。

当然、
情報を取りに行くために、
会社の社長と会って話したり、
というのは当然します。

なぜなら、
コレが僕の仕事だから。

やらないと食っていけないから。

そりゃあ必死になります。
(というか必死ではなく当たり前だと思っています)

でもコレって、
就職活動をするときも同じですよね。

就職先には気合で電話やメールをしまくりますよね?

大学生になるには、
大人になるには、
そんなことは平気でできないとダメなんですよね。

もちろん最初はキツイですよ。

鬼緊張しますし、おしっこチビリます。
でもやるのです。

あなたも僕と同じ大学生ですよね?
僕よりも頑張りましょう。

あなた

え!
なんで大学生だとわかったのですか?

 

たいと

ふっふふ…。
私はあなたの行動をお見通しよ。

というわけで、
そんな貴方様には動画を見ることをオススメいたします。

過去にこのような動画を撮りました。

過去の僕と同じような状況の方は必見です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です