アドセンスで稼げない原因と5つの対策

【LP用テーマ】Colorful(カラフル)を1年間使ってみたレビュー!ぶっちゃけ必須ではない

ネットビジネスで情報商材を販売したり、メルマガをやったりしている人はレター(LP)を作りますよね。

そして、そういうLPを作るときに情報商材業界でよく使われているワードプレスのテーマがあります。

それが、「Colorful」というテーマです。

  • アフィリエイトページ
  • メルマガ登録ページ
  • セールスレター
  • セミナー集客ページ

などなどを作ることができると言われている有料商品です。

ちなみに有名な情報商材屋さんのブログでもColorfulが紹介されていたりします。

(恐らくそこで存在を知った人が多いと思います。僕もそうでした。笑)

ですが、

本当にこのテーマって必要なのか?

なんかレターが胡散臭いし…。てか、この商品を紹介している人って本当に使っているのかな?

と、思う方もいらっしゃるかと思います。

というわけで、今回はこの辺りの悩みが解決するように、
僕が過去に購入したWordPressの有料テーマであるColorful(カラフル)について本音でレビューをしていきます。

Colorfulは買うべきか?必要ないか?

結論から言うと

「LP作成が楽にはなるが、買わなくても良い人がいる可能性もある。」

というのがColorfulに対する僕のレビューです。

つまり、この記事ではこれからColorfulのことをオススメするような書き方はあんまりしていません。

結構辛口なレビューが多かったりします。

また、

お前!ほんとにColorfulを買ってレビューしているのかよ?

と思われるてしまうと嫌なので一応証拠です。

このメールの画像は購入後に送られてくるメールの内容です。

なのでコレで購入したことの証拠となります。が、

購入しただけでレターとか作ったこと無いんじゃないの?

と思われるかも知れないと思ったので、その証拠に実際過去にカラフルを使ってメルマガ登録ページやセールスレターもまとめました。

たいとが昔やっていたメルマガの登録ページの例

セールスレターの例(カラフル)

どっちもかなり前に書いたものなので、今の発信内容とは全然違うことを言っている可能性があります。笑

ちなみにメルマガは今はやっていませんし、このレターで売っている商品も売っていません。

というか無料で公開しています。コレです。

というわけで、実際に購入して使ってみた僕がレビューしていきます。

Colorful(カラフル)の基本的な機能

Colorful(カラフル)のレター

基本的な機能はレターを読んでいただきたいのですが、まとめると以下のような感じです。

カラフルの機能

  • スマホ最適化表示機能
  • カウントダウン機能
  • ホバーウィンドウ機能
  • 全画面ヘッダー画像配置機能
  • サブヘッドのデザインを簡単に変えられる機能
  • 画像加工・装飾機能
  • ボタン設置機能
  • フラットデザイン機能

他にも機能はありますが、その他の機能はワードプレスの元々ある機能とかぶるものもあったので省略しました。

Colorfulの特に良かった点

ColorfulはLP用のワードプレステンプレートということでColorfulの強み(魅力)メリットがあります。

というわけでcolorfulを購入して、LP作成用テーマだからこその良かった点を4つ紹介していきます。

Colorfulの良い点① カウントダウン機能

レター限定のワードプレステーマということもあり、カウントダウン機能が付いています。

やはり商品を販売するときに限定性を使うと成約率は高まりますし、比較検討などお客さんに考える時間を与えない方が売れる可能性は高まります。

なので、情報商材みたいに煽るセールスレターを作って成約率を高めたい人はこの機能は必須ですね。

ちなみに簡単に付けられます。

下記画像にはカウントダウン機能が付いていませんね。

固定ページを編集という箇所を押すと、下記の画像のようなカウントダウンの設定ができます。

そんで、アクセス後カウント方式にすると、メルマガの読者一人一人に期間限定で販売することが可能です。

(ぶっちゃけ僕はその売り方は嫌いですし、法律すれすれですけどね。というかアウトか?)

そして、更新ボタンを押すと〜〜。

はい!できました!

これで期間限定を乱用して情弱のお客さんに欲しがらせることができます!(オススメはしてません)

ちなみに期間限定性の効果については別記事で解説しています。

Colorfulの良い点② メルマガ登録フォームやホバーウィンドウ機能なども使える

メルマガ配信スタンドだとMyASP(マイスピー)やアスメルなどが有名ですが、これらの配信スタンドにはメルマガ登録用ページがあります。

↓こういうものですね↓

MyASPのメルマガ登録フォーム

アスメルのメルマガ登録フォーム

メルマガ登録のフォームを作るときにこういうメルマガ配信スタンドを使うのも良いですが、登録ページに直接埋め込みたいこともありますよね。

そういうときにColorfulだと以下のような登録フォームが作れます。

まぁ、個人的にはボタンにして、URLで登録フォームページが開けるようにする形式でも良いと思っていますけどね。

(登録率は下がる可能性がありますが…。)

Colorfulの良い点③ マニュアルサイトがわかりやすい!メルマガもある!

購入者限定のLP作成のコツやサイトの使い方が解説されている限定サイトが見れます。

まぁまぁの数の動画があるので、そういう意味ではわからないところが減るというのはメリットですね。

ですが、逆に言えば動画が多いので、

ハァ〜、なんかメンドくせ!

と、思うこともあるかもですね。

まぁ、それでも無いよりはマシですね。

この動画をすべて読み込んでカラフルを2〜3時間ぐらいイジれば大抵のLPは作れるようになります。

クラウドワークスなどでLP作成を頼むよりは安上がりすると思うので、そういう意味ではオススメです。

ちなみにメルマガも講座ということで、メルマガが送られてきます。

ただしこのメルマガについては後ほど述べますが、人によってはデメリットになる可能性があります。(後ほど解説)

僕にはColorful(カラフル)は必要なかった理由

正直、最近の有料テーマならカラフルみたいなレター用のテーマは必要ありません。

ちなみに僕が現在、当サイトで使っているWordPressのテーマは「SANGO」なのですが、SANGOなら同じ様な感じのレターは作れます。

試しにメルマガの登録フォーム的なのを作ってみたんですが、どうでしょう?

あくまで試しに作ったものなので、登録はできません。

セールスレターについても試しに作ってみました。

カウントダウン機能は無いので、その辺りはcolorfulより劣りますが、その代わりSANGOはスマホの最適化がcolorfulよりも良いです。

なので、メルマガ登録ページやセールスレターを作ることに関してはSANGOなどでも最低限ならできるということですね。

最近の有料テーマはLPも余裕で作れるほどのクオリティーのものが多いです。

LPのデザインに力を入れるよりもするべきことがあると思いますし、そういうところは儲かってからやることです。

(メンドイなら、やらなくても良いとすら思っています。)

さらにカラフルを使ったからと言って「成約率の高いLPを作ることができるか?」というと、そういうわけでもございません。

ブログやYouTubeなどなどメディア全体での発信力やブランディングの方が当然ですが重要です。

Colorfulのデメリット

デメリットって言うと語弊がありますね。

購入前に知っておくべきこと!注意点!という感じで捉えてください。

注意点は全部で2つあります。

注意点① あなたが既に使用しているテーマで事足りる可能性もある

これは先程、僕がColorfulを必要としなかった理由で述べたことですね。

既にあなたが使っているテーマでレターが作れてしまう可能性は十分あります。

ですので、もしすでに有料テーマをご購入されている場合は使用できる機能を全てチェックしてみることをオススメします。

ちなみにJINやSANGOなどではcolorfulが無くてもそれなりのレターは作れると思います。

それ以上のものを作りたいんだ!という場合はcolorfulを買っても良いかもしれませんが、その“それ以上のもの”というのが本当に必要かどうかについて今一度冷静に考えてみることをオススメします。

使わないものにはお金をかけないほうが良いですからね。

もし、それでも欲しかったら買ってみるのもアリです。

注意点② 既視感が出る可能性アリ

実はcolorfulはユーザーが結構多いので、LPに既視感が出る可能性があります。

あれ?このLPの雰囲気どっかで見たことあるな?

あれ?このメルマガ登録フォームってあのサイトでも見なかったけ?

みたいな感じです。

まぁ、これはSANGOやJINなどの有名な有料テーマもそうなんですけどね…。

どうしても既視感を無くしたいなら、しっかりと作り込めば良いのです。作り込めば差別化は可能です。

あくまでカラフルについているデフォルトの機能だけを使ってLPを作成すると既視感が出るということです。

(まぁ、そこまで作り込むなら別にカラフルじゃなくてもできるんですけんどね…。)

注意点③ スマホ最適化が微妙

この辺りは先程紹介したレターの比較でも述べましたが、colorfulは他の有名な有料WordPressテーマに比べてスマホへの最適化があまりできていません。

設定を色々いじると、スマホでも見やすくなるのですが、結構面倒くさかったりもします。

もちろん最低限スマホでも読めるレベルだと判断できましたら、使ってみるのもアリですね。

注意点④ Colorfulはフロントエンド商品である

フロントエンド商品って何?

と、言う方はググることをおすすめしますが、簡単に言うと客寄せ商品のことです。

ちなみに逆にお客さんから沢山のお金を払ってもらうための商品のことをバックエンド商品と言ったりします。

ちなみに高額な情報商材やセミナというのはほとんどがバックエンド商品である可能性が高く、その商品を売る前にかならずメルマガやブログ、YouTubeなどで「面白い!ためになる!」と感じてもらえるコンテンツをお客さんに提供しています。

この世のほぼすべてのビジネスはフロントエンド商品とバックエンド商品で成り立っていると言っても過言ではありません。

下記の画像が比較的わかりやすかったので紹介します。

引用元:マーケティングファネルとは(外部サイト)

集客用のコンテンツ=フロントエンド商品

販売用のコンテンツ=販促用コンテンツ

って感じです。

んで、この集客用コンテンツに今回のColorfulは該当します。

なぜ集客用コンテンツとなるのかというとcolorfulにはアフィリエイトがあるからです。

いろんなブロガーさんや情報商材屋さんがcolorfulを紹介していますが、あれはアフィリエイト報酬欲しさにやっている部分が結構あります。

なので、そのような発信者から商品を紹介してもらって、「集客」をしているということになるのです。

もちろん、Colorfulを販売されいている江藤さんも無料で見れるサイトやメルマガをやっているので、それらも恐らくフロントエンドコンテンツではあると思います。

そして次にバックエンドについてですが、先程も述べましたがColorfulを購入すると購入者用のメルマガというのが存在します。

そしてそのメルマガではcolorful販売者の江藤さんからセールスのメールが来たりします。(超たまに)

これは情報商材業界に限らず、しっかりビジネスとしてやっているところでは購入者のリスト(お客様情報)を大事にしています。

新規のお客さんよりも購入者のお客様情報のほうが、次の商品の購入にまで至る可能性が高く、なおかつより高単価な商品が売れやすい傾向があるのです。

そりゃ、一度買っているお客さんですからね。

すでにある程度のファンである可能性は高いです。

なので購入者に対してもメルマガを送り、バックエンド商品を売ることはマーケティング的には正しいです。

ただ、お客さんからすると「別にそこまでのものは求めてないよ」と思う人も中にはいると思いましたので、今回は包み隠さず情報共有させていただきました。

まとめ

Colorfulを買っても良い人

さて、そんなcolorfulですが、実際はテーマとしての機能が悪いというわけではありませんし、サポートも悪いわけではありません。

全くオススメできないわけではないのです。

というわけで、個人的に「こういう人なら購入しても良いんじゃないか?」という人の特徴をまとめさせていただきました。

  • カウントダウン機能をレターに付けて、情弱に考える時間を与えずに購入率を上げたい人
  • あまり時間も手間もかけずに、それなりのレベルのレターを作りたい人

は、買っても良いと思います。

ですが、すでに有料のWordPressテーマで事足りるような人は買わなくて良いと思います。

という感じで今回は以上です!

↓Colorfulはコチラから購入できます↓
カラフルはコチラ

※アフィリエイトリンクなので気になる方は直接グーグルで検索して購入してくださいね。

追記

Colorfulを買わなくて良くなるかも…。
良質なWordPressテーマも紹介

僕がオススメするWordPressテーマと過去に使ってみたテーマのレビューを以下の記事で解説しています。

理由や使いやすさも全て使用した上でのレビューです。

WordPress有料テーマで初心者にオススメできるものを包み隠さずまとめてみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です