アドセンスで稼げない原因と5つの対策

まだトラックボールマウス使ってないの?ワイヤレストラックボールマウスのエレコムM-XT3DRBKをレビュー

こんにちは、たいとです。

ブログ運営をはじめる時にはパソコンが必要ですよね。

(最近はやろうと思えばスマホでもできますが…。)

僕が大学1年生の時に買ったパソコンは今でも使っていますが、同じ時期に買ったマウスも同じくまだ使っています。

そこで時に買ったマウスがオススメなので、本記事はそのマウスの紹介記事です。(別に買わなくてもよいです…。笑)

ちなみに僕が買ったパソコンはマウスコンピューターの13インチを使っています。

Windowsです。

Windowsを使うならマウスを使ったほうが個人的には良いと思っているのですが、そこでオススメなのが今回の商品トラックボールマウスの『M-XT3DRBK(エレコム)』です。

ちなみに僕はデスクトップはmacを使っているのですが、macならトラックパッドがオススメです。

(mac購入したあとにわかりましたがデスクトップもWindowsで良かったな~と後悔しています。笑)

実際に買った商品
ワイヤレストラックボールマウス『M-XT3DRBK』

普通に使いやすいんですが、実際に使っているときの映像はコチラ↓

色んなボタンなどがありますが、それぞれの機能は以下の画像でまとめられています。

いわゆる普通のマウスの「ホイール」と「右クリック」「左クリック」しかボタンはないと思いますが、このマウスは「進む」と「戻る」のボタンがあります。

そして、一番の特徴はやはりトラックボールです。

普通のマウスはマウスごと移動させなくてはいけませんが、このワイヤレストラックボールマウスはマウスを固定したままカーソル移動が可能です。

ワイヤレストラックボールマウスを買ってよかったこと

良かったこと① 「戻る」&「進む」ボタン

トラックボード機能があるパソコンなら2本指でスライドすると「進む」と「戻る」ができますが、マウスでできるというのもやはり便利ですね。

いちいち戻るボタンや進むボタンを押さなくとも反応するのは良いです。

こういう小さい作業の効率を良くすることも重要度は高くはないですが、馬鹿にはできません。

良かったこと② 机のスペースを取らない

トラックボールのおかげで、マウスごと動かす必要がなくなるので、それはそれで便利ですね。

カフェとかで狭い机の時に、マウスとパソコンさえ置くことができれば、作業ができるのは便利。

マウスごと動かす必要がある場合はマウスを動かす分のスペースが必要なので、狭いところだとストレスが溜まります。

さらに腕の動かす幅が大きいので、肩こりの原因にもなったりします。

トラックボールマウスにすれば肩こりがマジで無くなるので、長時間のパソコン作業をされている方にはおすすめですね。

ワイヤレストラックボールマウスの悪かった点

悪かった点を挙げるならば、それはワイヤレスである点とホコリが溜まることですね。

悪かった点① ワイヤレスだから電池交換が必要

有線マウスの場合は電池などは必要ないですが、ワイヤレスマウスの場合はマウスに電池を入れなくてはいけませんからね。

ケーブルがなくなるので、持ち物としてのスペースを取らないからスッキリするというメリットもありますが、デメリットもあるのです。

まぁ、無くなったらコンビニで買えばなんとかなりますし、パソコン操作でマウスが必須となるものって限られますから使えないときが時々あるぐらいなら許容範囲内だと思っています。

悪かった点② トラックボールの裏側にホコリが溜まってしまうと動かしづらい

これはトラックボールのマウスのあるあるだとは思うのですが、トラックボールをはめるところにホコリが溜まってしまうことがあります。

そうなると操作が少ししづらくなるのです。

まぁ、取れば良いんですけどね…。(それが少し面倒い)

最後に

マウスについてのレビュー記事になりましたが、まとめると

  • トラックボールが良い
  • ワイヤレスは便利だけどデメリットもある
  • 戻るボタンや進むボタンは便利

という3点にまとめられました。

トラックボールではないマウスの場合は肩こりの原因になったりもするので、もし従来のマウスを使っている人がいましたら、トラックボールマウスの検討もありです。

トラックボールマウス一覧

ちなみに当サイトでは便利なツールなどについてのレビュー記事も書いています。

もし気になる記事がございましたら、どうぞ御覧くださ~い!

リステリンを使うと口内炎がすぐ治るのはホントか?悪化を防ぐことができる!

電動スタンディングを買ったら作業効率が変わり人生が激変した話

室内で靴を履くという超シンプルな集中方法!意外と良いです。

インターネットのビジネスに必要な便利すぎるツール&本&教材

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です