アドセンスで稼げない原因と5つの対策

アドセンス審査のために10記事を書こうとしたら何書けば良いのかわからず挫折した話。

こんにちは、たいとです。

今回は「始めてブログを書いた時の感想」という(厳密には失敗体験ではないですが)まぁまぁ初心者の頃の体験を深掘りしていこうかな~と思います。

審査のための記事かぁ~なにか書けば良いんだ?

まずコレですね。

「アドセンス審査の記事って何書けば良いの?」ってみんな思ったかと思います。

当時の師匠からは「とりあえず10記事書きましょう!」と言われたので、なるほど10記事かぁ~という感じでした。

そして当時大学の先輩に同じくブログで稼ごうとしている方がたまたまいたので、その方のブログで書かれていたアドセンス審査用の記事をちょうど参考にしたんです。

すると旅の記事とか留学の記事とか生活術の記事とか

なるほどなるほどって感じでした。

というわけでネタをパクっていきます。笑

確か審査用に記事を書いている方の記事を見ていたら生活系や勉強法系が書きやすいな~と思ったんですよね。(多分の僕の人生経験があんまりないからでしょう。笑)

そこで

「皿洗いがストレス解消には良いんだよ」とか

「数画の勉強法」

「健康的な食事法」とかで書いていました。

もうそのサイトのでは記事を消してしまったので見れないですが、確かそれぞれ1000文字ぐらいで、画像は全部フリー画像で、カテゴリーは3つにしていましたね。

そして記事の内容もとりあえず自分のアイデアが出てこないので本とかNaverまとめとか見ながらパクって作っていましたね。

そして10日ぐらい書けて10記事書ききってアドセンス審査に出しました。

今ならあんな10記事5時間もあれば書ける。(まぁ初心者なので全然OKですね。笑)

審査に出すため&二次審査にサイトの設定をする。

画像を整えたり、サイトのカテゴリーとかを整えた後、(僕ができていました)

アドセンスの審査に出します。

「う~~緊張する!!笑」

⇩コレっすね。

https://www.google.com/intl/ja_jp/adsense/start/#/?modal_active=none

審査に出した後にGoogleから「広告がちゃんと設定されているか」というのをチェックする二次審査の連絡があるので、アドセンスから送られてくるコードをサイトに貼り付けたりします。

この時にちょっとだけ慣れない作業があるのですが、

「コレができれば遂に広告が貼れる!!」

と思い、ただでさえ面倒くさがり屋のたいともがんばります。

そして遂に合格メールが来た!!

アドセンス審査に落ちる人もいると聞いたことがあったのでビクビクしていましたが、嬉しかったです。

いやぁ~この時の経験は今でも忘れられない。やっぱりネットビジネスって一つ一つの成功体験が目に見える形になっているから良いですよね!

というわけで以上がアドセンス審査に受かるために10記事書いた時の物語でした。

アドセンスは貼っておけば収益が上がるので資産化楽さでは最高ですよね!

まとめ:最初はパクってなんぼですよ!

最初のアドセンス審査用の記事に書くネタなんてパクってなんぼですね。

というか月収1000万円レベルまで行くまでは自己流捨ててパクりまくっていくべきです。(現状の僕は「パクるべきらしいです」が正しい表現なのが悔しい…。)

もちろんここで言うパクるとは「コピペ」ではないですよ!

ネタとか記事の機能的な内容とかをパクるんです。

そして、そこに自分なりの感情や経験を付け加えていくとベストです!

というわけで、色々とキツくなったら「パクるためのリサーチ」です。コレは今の僕でも非常に助かっているので、あなたも是非行き詰まったらリサーチ&パクリを意識してくださいね!

 

あともうちょっと詳しくGoogleアドセンスの審査に合格した時の話は以下でまとめています。(特に最後の審査の際の設定とかですね。)

それと近日中にパクりましょう!という記事作りますね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です